16:開発の動機と編上籃胎手の紹介

  こんなろくろができた動機といきさつ、そして編上籃胎手の手法、作品を紹介します。
backnext
 
             
       
             
             
    このろくろの制作の動機は、私の作品が編み上げ手法だったことからはじまります。
編上とは、細いタタラ紐を作り、編み上げて作品を作ります。
この手法は基本的にはタタラ製法に近いので、例えば皿やポットなどを作ったとき、縁の処理が大変なのです。
縁を作るために、正確な石膏型を作る必要があったのですが、いままでの陶芸手法、例えば石膏ろくろなどで作るのは簡単ではありません。皿の周囲を巡る円形の溝を彫るだけでも、中心を出すのがなかなか困難です。
そこで、電動ロクロの回転盤の中心に垂直軸があれば、何でもできると考えたのがはじまりです。
 
             
    例えば、ポットのような蓋ものでは、胴体部分とか底部を編み上げで作り、それらをまとめるのに、どうしても円形のリング状の部分が必要となります。

蓋ものでは蓋とともに、蓋受け部がどうしても必要です。ここでは、中子入りにするために、蓋受け部には二段の蓋受け部が必要になります。

ろくろの削りでこれを作るのは簡単ではありません、しかし垂直軸を利用すれば型ができ、正確に合うようにできたのです。
しかも、蓋はつまみのための穴に使用できるので何の問題もありません。
 
             
 
編み上げ籃胎手(あみあげらんたいで) の紹介 Akira Yamada 2005
 
             
   

編み上げ籃胎手
粘土紐を編み上げ、できた空間を粘りけのある釉薬で埋める方法。
普通、最低2回の本焼が必要。

色土と白土を使うと、編み上げた状態で市松紋様になる。

以下 山田明作品

 
 
径18.5 高9.5cm
     
       
 
径13 高11cm 編み上げただけの状態
 
径13 高11cm
 
編み上げサンプル
 
             
       
 
径9.7×16.0 高11.1cm
 
径9.7×16.0 高11.5cm
 
径9.7×16.0 高14.0cm
 
             
       
 
径6.5 高12.8cm
 
径5.8×7.0 高12.0cm
 
径21.5cm
 
             
       
 
径17.8cm
     
径7.0 高10.5cm
 
             
       
 
径10.5 高7.6cm
 
径10.5 高3.8cm
 
径16.8cm
 
             
       
 
径16.0 高20.3cm
 
径19.5 高2.0cm
 
径13.2 高28.7cm
 
 
         
       
 
径17.8 高2.5cm
 
径12.8高15.4cm
 
径21.5 高1.7cm
 
             
碗や皿への応用
             
   

中心軸を利用して型を作り、その型によって作品も作れることがわかったのは、その後のことです。
古陶磁を写すとき、釉薬のテストをするのに、同じ形の作品がいくつも作れるのは非常に価値あることだと考えました。

これなら正確な型が誰にでも作れます。そのため、今までろくろで挽くことが難しかった磁器や難しい土でも制作できます。
また、ろくろの訓練する時間のない人にも、ろくろに近い作品がつくれるのがわかったことから、提案しようと考えたものです。

 
         
 
 
 
backnext